• ホーム
  • クラミジアに感染しないためには日頃からの対策が非常に重要

クラミジアに感染しないためには日頃からの対策が非常に重要

クラミジアは現代の日本で最もメジャーな感染症と言われ、その感染率の高さや初期症状の気づきにくさなどから、若者の間で広がって来ています。薬が比較的よく効く性感染症であるものの、治療をせずに重症化すれば不妊や障害につながるため、日頃から予防や対策をしっかりと行いましょう。

まずクラミジアの予防で最も大切なことは、感染ルートを遮断しておくことです。この病気はインフルエンザや風邪のようにくしゃみでうつるようなものではなく、基本的には性行為でしか感染しません。そのため、性行為を行うパートナーにしっかりと検査を受けてもらう、ということが最も簡単で大切な対策となります。

クラミジアはいくつかの感染症のように、一度かかったら免疫が作られて二度とかからない、というものではないため、パートナーが菌を持っていれば何度でも感染してしまうのです。彼氏の方が治ったら今度は彼女が、というようにお互いがうつしあう、いわゆるピンポン感染を起こしてしまう可能性もあるので、可能であれば二人揃って検査を行うと良いでしょう。

もし特定のパートナーを持たず、不特定多数と性行為を行っているのであれば、自分だけでも検査をしておくのがおすすめです。特に女性であれば子宮内検診などと一緒に検査できますので、なるべく定期的に調べておきましょう。もちろんそれだけではなく、性行為の時にも注意が必要です。

基本的にはコンドームなど避妊具を用いて、なるべく直接性器が接触しないようにするというのが、感染対策の基本となります。特に自分が女性であった場合、パートナーにコンドームを使うように要求するのは、難しいことかもしれません。しかし性病だけではなく、望まない妊娠なども防ぐことができますので、普段からこういったことをしっかり話し合っておくのが良いでしょう。

もう一つ、コンドーム以外にクラミジアを予防する方法として、抗菌薬の存在が挙げられます。クラミジアはよく効く薬が開発されているため、感染の前に薬を服用することでブロックすることも可能です。こういった抗菌薬はインターネットを利用した個人輸入などで購入することができますので、もしコンドームを利用できないという状況にある場合には、検討してみるのが良いでしょう。クラミジアは比較的簡単に治療が行える病気ですが、だからといって決して軽く見ることはできません。放置すれば男女共に不妊の原因となりますし、内臓の炎症など大きな病気を引き起こすからです。様々な対策をとり、クラミジアに感染しないよう予防しましょう。