知ってもらい知っていくグローバル化の魅力を覗いていこう

楽しい生活を送るために英語を学ぼう

日本を教えよう

日本語教師について

日本人が外国へ行くように、外国人も日本へ行くということがあります。日本に来る理由はサブカルチャーを楽しむなどの観光目的だけでなく、日本の歴史や文化を学ぶために留学で訪れるということもあります。場合によっては稼ぎを得るために来ているという人もいます。外国人が日本で暮らすということになると日本語を使えるようになることが必要になってきます。日本人は外国が難しいと言いますが、外国人が一番難しく思う外国語のトップが日本語であると言われていることから、習得には結構な時間が掛かることになってきます。ですが勉強をすることでちゃんとした日本語を使えるようになってきます。そのために日本語学校の存在があり、日本語教師がしっかりと正しい日本語の使い方や書き方を指導しています。

資格を取っておく

外国人に日本語を日本語学校で教えるためには、日本語教師の資格を取っておく必要が出てきます。日本語教師ということですから学校の教師と同じように大学に決められた期間通って勉強をして資格を取るというイメージがありますが、実際にはそういうことはありません。日本語教師の資格の取得は専門のスクールに通って、420時間以上の日本語教員養成講座を修了し、日本語能力試験に合格していることで日本語教師になることができるのです。東京だけでなく大阪、南は沖縄、北は北海道と各都道府県に外国人はいるのでどこでも日本語教師になるためのスクールはありますので、どこでも勉強できて教えることができます。